★いつもありがとうございます★

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

ダイエット≠運動(ダイエット=運動ではない)!、「私に、気づきをもたらしてくれた」ダイエットトレーナー根岸隆司氏の動画

私のブログのタイトル「Sayoko’s Total Workout」のヒントになった根岸隆司氏の動画の紹介です。根岸隆司氏の動画は、私が減量を行う上で、沢山のヒントをもたらしてくれます。(根岸隆司氏の了承のもと、記事、動画紹介をしています)

根岸隆司氏について

根岸隆司氏は、2年前にボディビル大会に出場された経験をお持ちで、かつ、元大手パーソナルジムのトップトレーナーでした。現在は、「多くの人を痩せさせて自己実現をサポートするジム180BodyDesign」を経営してらっしゃいます。メルマガでも、「正しいダイエットについて貴重な内容」を配信されていらっしゃいます→メルマガはこちらです(根岸隆司氏のメルマガ

根岸隆司氏の動画に出会ったきっかけ

根岸隆司氏の動画に出会ったきっかけは、ズバリ!「糖質制限」でした(ただし、今回の視点は「糖質制限」ではありません)。

巷には、「糖質制限」について、いろんな情報が出回っています。「身体に悪い」だとか逆に「身体にとても良い」だとか・・・。じゃあ、いったい「正しい糖質制限」「正しいダイエット」ってなんぞや!?と思って、ネットや動画をあれこれ検索していた時に出会いました。根岸隆司氏の動画は、「正しい糖質制限」「正しいダイエット」を示しています※

今年の春先に、当時は、持病が悪化していて、毎日寝たり起きたりの日々でした。ダイエットサークル(現在は脱退)に入っていた時のように、ガンガン運動もできないし、かと言って、「食っちゃ寝生活」で再び増大した身体を持て余していた時でした。

「痩せなくちゃいけない」のだけれど、できる運動もないし、身体はドンドン悲鳴を上げていくし、でも、巷で流行っている「糖質制限」は、賛否両論あって実施したいけれど、怖さ半分だし・・・と言う時期でした。

※現在は、根本隆司氏の動画などを参考にもしながら「食事管理」をしています。

「糖質制限」は、本来ならば、糖質をコントロールしながら、脂質を多めのたんぱく質を摂取になりますが、私の場合は、「食事性の中性脂肪高値」のために「脂質を多めのたんぱく質」が摂取できないので、現在は「自分流の内容で糖質制限」をしています※

私自身の「気づき」となった事柄

この動画を観た時、「あ~!!、1年半前に出会っていたら!」と思いました。

1年半前、私が入っていたダイエットサークルでは、「朝は、血糖値を爆上げしない食事」でした。まぁ、それは、「血糖値を安定させるのが、ダイエットの基本」となっている今の私には、共通の項目です。

しかしながら、当時ダイエットサークルでは、「朝食時に血糖値を爆上げしない食事」のほかには、昼夜食事には、「好きなものを好きなだけ食べる我慢しないダイエット」がコンセプトでした。その背景には、自重トレーニング(筋トレやエクササイズ)をしっかり実践するというのが基本にあったからでした。

コミュニティーで、サークル代表者が提案したエクササイズや筋トレを、ほぼほぼ毎日(休養は取ります)実施していました。中には、10項目以上をこなすツワモノもいました。

当時、私は、体重65kg、体脂肪率48%越えの超肥満体でした。その身体に「トレーニング」は、たとえバランスボール運動1つにとっても、簡単なエクササイズ1つ、主流となっていた「スクワットトレーニング」でも、「超絶」が付くくらいの地獄でした。

重い身体で負担になっている足の関節は、持病の関節炎もあり、スクワットをするたびに悲鳴を上げました。それでも、サークルの仲間に負けられない!、サークルオーナーに認められたいという承認欲求が強く、食らいついて行きました。

今、考えると、その必死さに、思わず苦笑してしまいます。仲間には、秘密にしていましたが、ある程度実績を出すために、毎日2時間くらいは運動していました。うひゃ~!!、「地獄!!」です(笑)。

昨年、11月からジムトレを開始したのですが、当時実施していた自重トレーニングの効率の悪さに、思わずのけぞったくらいです(笑)。その後は、今年6月くらいから自重トレーニングを再開したのですが、それまでは、自重トレーニングの動画を観るのすら吐き気を覚えました(笑)。

実際、オーナーからは、「ジムトレと自重トレ―ニングの両立」を言い渡されていましたが、そんなことできるわけなかったです。

私に、気づきをもたらしてくれた根岸隆司氏の動画

前置きが長くなりましたが、私に、気づきをもたらしてくれた根岸隆司氏の動画は、↓こちらになります。根岸隆司氏の動画を観て、「あ~!!私は、原点から間違っていたのだ」と初めて気が付いたのです。

動画を観ていただければわかりますが、

sayoko:「持病もある上に、身体が重くて運動が地獄だった」私は、まずは、「脂肪を減らす」ために「正しい食事」をしていればよかったのです。

根岸氏:「アスリートでもない一般的な人にも関わらず、食事制限と筋トレと有酸素運動を同時にやったらヘロヘロになります」。実際、1年半前の私は、ヘロヘロ状態でした。

つまり、「ダイエットには、優先順位があるよ~」ということです。

現在の私の場合は、根岸隆司氏の動画に出会ったときには、もう、すでに食事制限(単なる食事制限、低糖質ダイエットではない)と筋トレと有酸素運動を同時にやっちゃっていました(笑)。と言うことで、「Sayoko’s Total Workout 」とブログタイトルに変更したわけです。今は、楽しみながら筋トレもジムトレもエクササイズも実施していますが、本来は、運動は大嫌いな人種でした。

私は、まず昨年、いきなり筋トレやエクササイズを始めるのではなく、食事内容を見直し、食事改善をしっかり行って行きながら、多くの脂肪を落とすべきでした。スタート地点が間違っていたなぁと気づかされたのです。

まずは、

*「脂肪を落とす」「そこから自身の身体に対して関心を持ち、筋肉を付けて良い身体になりたいな~と関心を持った時に、初めて次のステージへ行く

1、「痩せるだけならダイエット」

2、「痩せて筋肉を付けるだけならボデイメイク」

3、「正しい食事」、「筋トレ」、「筋肉を付ける食事」、「有酸素運動を同時にやること」をTotal Workoutという。

4、BMIにより、BMI=30「正しい食事だけで痩せる」

5、「正しい食事をして、正しい体脂肪率、BMI=25くらいになった人は、正しい食事だけでは脂肪は減らない、そこで初めてボディメイクゾーンでやることが、正しい食事だけではなく、筋トレ、有酸素運動をしなくてはいけないステージに入る。

6、自分のBMIをきちんと知ることが、とても大切(BMIによって、やることがちがうため)。

7、BMIが30以上あるのに、一生懸命筋トレや有酸素運動をしているのは、ナンセンスである(←継続できない、挫折してしまうということがあるからです)昨年の私が、まさにこの状態でした!。

↓つまり、

※それぞれのステージによってやることが、全然違うということである※

私は、仕事をもうリタイアしていますので、多くの時間があります。

スタート地点は間違っていたのですが、今は、楽しく挫折しないで実施できているので、「今できることを少しずつやって」いっています。また、この先、もしかしたらなにか問題にぶち当たるとこもあるかもしれませんが、まずは、「今、思うこと」を「自分の思うとおりにやってみる」問題にぶち当たったら、その時点でまた軌道修正を加えたら良いと思っています。

そういった意味で、根岸隆司氏の動画は、私自身の道しるべ的存在、私に勇気を与えて下さる存在です(私は、根岸隆司氏とFBつながりはありますが、あくまでも一般の動画視聴者です※直接的個人的具体的アドバイスを受けるには、私の体型、状態などをきちんと知り、根岸隆司氏の生徒となる必要があるからです※)。

最後に、動画紹介記事掲載の許可を頂き、根岸隆司氏に深謝いたします。ありがとうございました。


PAGE TOP