★いつもありがとうございます★

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

体重・体脂肪は、凸凹(デコボコ)するもの、「体重・体脂肪が増えていたら、逆に闘志が湧く!w」

昔は、体重・体脂肪を測っては一喜一憂していました。

測るたびに、ガックリ(x_x;)

昔は、しょっちゅう体重・体脂肪を測り、体重が増えては、ため息を付き、体脂肪が増えたとたんに、まるで「世界の終わり」のようでした(笑)。

なぜ!?答えを探し続けた

ある日、ネットで、「体重と体脂肪の相関関係」について検索しまくりました。すると、あったんです!。

森拓郎さんの記事です。→体脂肪率の増減に騙されるな!

または→ヤフー知恵袋

体重と体脂肪は、分母と分子の関係だから、変化するのが当たり前!。

だから、体重・体脂肪で一喜一憂しなくなりました。体重は、元来、デコボコするのが当たり前で、落ちるときは階段状に落ちていきます。

太ったかどうかの判断

私は、腹の肉をつかみます(笑)。または、毎日、鏡で自分の体型をチェックしているので、太ったかどうかは、一目瞭然です。

背中から脇腹までの脂肪の状態も見て行きます。また、つかんでみたりすれば、以前より下垂していれば、締まっていた脂肪がたるんだと言うことです。

脂肪状態が元に戻ったら、腹も出ます。今は、上を向いて寝て、胃の辺りを触ると、肋骨下部がガクンと凹んでいます。脂肪が溜まれば、それが膨張しているから、すぐにわかります。

体重も体脂肪も測定はしますが、一喜一憂することはなくなりました。

脂肪が増えていれば、数日間の食生活を見直し、悪い所は改善します。または、トレーニングの方法を変えたり、どこに焦点を当ててトレーニングをしていくかを考えます。

落ち込むなんて、もったいない!

私は、体重・体脂肪が増えていたら、さらに闘志が沸き、「さぁ!どんな風に攻めてやろうか!」と、ワクワクするのです(笑)。←もはや、「変態」爆笑!

 


PAGE TOP