★いつもありがとうございます★

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

「チートデー」じゃなく、「10日に1回好きな物を、設定範囲内で食べる!」

5月から減量生活を始めて、約3ヶ月が経過しました。食事に関して言えば、殆どストレスなく来ています。血糖値が安定しているので、ひどい空腹感を感じたりがありません。

食への執着がなくなった

減量を始める前までは、毎日のように「食べることばかり」を、まるで「分きざみ」のように考えてばかりいました。

寝る前に考えることと言えば、「明日は、何食べようか!?」でした(笑)。悲し過ぎる!(汗)。

今は、寝る前には「明日、トレーニング何やろうか!?」って考えて、ワクワクしてる自分がいます(笑)。

減量1か月目の食事

意外と「お菓子、菓子パン」は、スパッと第1日目からやめられました。

決めたことは、サッサとやる性格と、当時は、玄米をお腹いっぱい食べていたので満足でした。お米大好きなんです。

玄米量を減らしたは、徐々に減らして行ったので、ストレスはなかったです。夜の摂取量を減らした時も、夜の空腹時には、「あたりめ」をたまに食べていたので、大丈夫でした。

ただ、2か月目までは、好きなアイスや糖質量が極端に多いものは、食べないように決めていました。

チートデー

俗に言う、「チートデイ」とは、「ダイエット中(減量中)にいっぱい食べても良い日のこと」で、停滞期回避ができるなどと言われています。

チートデーについては、停滞期の定義に伴い、賛否両論ありますので、個々の考え方の元に、正しい知識を持って実施すれば良いのでは?!と思います。

私自身の身体を考えたら、「チートデー」は、必要ないかなと思います。それは、昔、「チートデー」をやってみて、歯止めが効かなくなったことや、実施適応の体脂肪率もあるからです(体脂肪率20%以上の肥満体の私だから)。

10日に1回好きな物を、設定範囲内で食べる

減量生活が波に乗り、体重も59Kgを切り出した辺りから、

「10日に1回好きな物を、設定範囲内で食べる」ことを始めました。

普段は、食事コントロールで炭水化物、脂質を設定しています。暑い日も続きましたし、急性咽頭炎で食欲が無くなったこともありました。

まずは、アイスや麺類、白米を解禁にして、いつもよりは摂取量を100kcal~200kcal上げることにしました(自分の基礎代謝を超えない量)。

胃が小さくなり、昔のように、1度に大量に食べられなくなったこともあります。ちょっと食べたら満足するようになりました。

食べ方も工夫しています。

白米は、食べるときは「卵ご飯」にしてたんぱく質をコーティングしています。また、白米やアイスを食べるときは、午後2時までに食べます。食べた日は、必ず、トレーニングを実施します(自重トレーニング)。

食への執着がなくなったために、「10日に1回好きな物を、設定範囲内で食べる」ことだけで十分になりました。

また、糖質量・脂質量を見れば、だいたいのtotal量が分かるようになったこともあります。

多少、糖質量・脂質量が多くても、日頃食事コントロールをして節制しているので、±(プラスマイナス)で稼げます。

気持ちをコントロール

減量以前は、「これを食べたら太る!」「明日、体重が増える!」などとチマチマ思って、食べるのも迷ったりしていました。

今は、違います!

「これを食べても大丈夫!太らない!」と、絶大な自信があります「これを食べたら太る!」と思うくらいなら、食べません(笑)。たとえ太ったとしても、取り返す自信がありますもん(笑)。

「太る!」と思って食べると本当に太るらしいです。人間の脳って面白い!

好きな物を食べた翌日、体重は水分などの影響で多少は増えています。それでも、1kgを超えない範囲内かな。それも、数日で戻ります。

新しい発見!

「10日に1回好きな物を、設定範囲内で食べる!」ことで、以前より、体脂肪がスルスル落ち易くなりました。

また、ちゃんと味わって食べられるようにもなりました。また、体重・体脂肪も徐々に減り、うれしい限りです。


PAGE TOP