★いつもありがとうございます★

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

「痩せる」と「引き締まる」の違い、ある日、しまむらで愕然とした話

昨年末のダイエットサークルのオフ会まで、後2週間と言う前の出来事です。

しまむらで

当時は、昨年夏場から自重トレーニングを始めており、体脂肪は5%減りました。なので、気を良くした私は、しまむらにジーンズを買いに行ったのです。

がっ!

履けるジーンズが1枚もなかったと言う悲しい結末が待っていました。体脂肪は減ったものの、腹周りの脂肪はさほど変わらなかったのです。

それがなぜなのか、理由は以下↓になります。

「痩せる」と「引き締まる」の違い

「引き締まる」とは、運動をすることにより、筋肉を鍛え、余分な脂肪を燃焼し、細くすると言うことです。ただし、こちらは、かなりの時間がかかる。

つまり、↓の画像のようなことです。同じ体重でも引き締まると、こんなに違います。

一方、「痩せる」とは、生活習慣や食事改善や脂肪が減って体重が減ることです。短期間でできやすい。ただし、こちらは、リバウンドしやすい。

私の場合を考える

私の場合は、昨年末までに、身体は引き締まったけど、まだまだ細くなるには、かなりの時間がかかると言う状態だったと思います。

また、血糖値のことは多少考えたものの、食事改善やコントロールは、ほとんどして来ずに、「好きな物をを好きなだけ」食べていました。牛肉の赤身が筋肉にいいと言えば、その通りにしていました。脂質異常がありながらも、良質な脂身体に良いからと、構わずに摂取していました。

また、なんで体重が落ちないのか、良く考えていました。当時は、「筋トレで筋肉が増えるから、体重が重くなる」と思っていましました。また、サークルでも、そういう話でした。でも、筋肉なんてそうそう付かないんですよね、特に女性の場合はそうみたいです。

両方を掛け合わせる

現在、私が実践している減量は、「痩せる」と「引き締まる」の両方を掛け合わせたものです。

だから、体重も体脂肪も落ちて身体が締まっていきます。

また、私の場合、高脂血症、メタボリックシンドロームがあったので、自分の身体を考えれば、早急に体重を落とすこと、また、脂質・蛋白質・炭水化物のバランスを見直し、コントロールする必要性もあったと言うことです。個々の身体のために、何を優先すべきか考えることも大切だと思います。

自身のために減量する

検査結果、劇的に変わりました。中性脂肪400→170でした。今後、もう少し体重・体脂肪が減れば正常値化すると思われます。やはり、私がやってきた減量は間違いではなかったと確信を得ました。ここで、結果が良かったと油断せずに、健康体を取り戻すための減量を実践していきたいと思います。

 

 


PAGE TOP